http://tokyo.icro.ir/

トップニュース
イラン・イスラム革命勝利42周年記念ウェビナー「今日のイラン」
2021年1月開講 オンライン「ペルシア語講座」 開講のお知らせ
イランの国民的英雄 故ガーセム・ソレイマーニー大将殉教一周年記念ウェビナー
「イラン伝統音楽へのいざない─打弦楽器サントゥールの幻想的な音色と音階の不思議」
「イラン書道の紹介とワークショップ」ウェビナー
「日本のイラン研究者から見たペルシア語の詩と文学」の収録動画をYoutubeでご覧ください


  Print        Send to Friend

「イラン伝統音楽へのいざない─打弦楽器サントゥールの幻想的な音色と音階の不思議」

駐日イラン・イスラム共和国大使館イラン文化センター主催シャベ・ヤルダー祝祭ウェビナー

古代ペルシアの時代から今日まで続く伝統的祝い事のひとつシャベ・ヤルダー。駐日イラン・イスラム共和国大使館文化参事室(イラン文化センター)は、ここ三年、イランと日本の文化を愛する多くの皆様をお招きして、この祭典を伝統音楽の演奏付きで開催してまいりました。

しかし、たいへん遺憾ながら現状は、新型コロナウィルス感染症対策のためにこのような大人数が参加する催しを行える状況ではございません。そこで本年はウェビナーにて、シャベ・ヤルダーの紹介、この祝祭で必ず読まれる、イランの大詩人ハーフェズの詩の詠唱(ハーフェズ・ハーニー)と内容の説明、そして、イランの伝統楽器サントゥールSantūr سنتور の紹介と実演セミナーを開催いたします。

今回は、大阪音楽大学作曲学科音楽学専攻をご卒業後、イラン国立テヘラン大学大学院芸術学部音楽学科イラン伝統音楽演奏コースでイラン伝統音楽とサントゥールの奏法を学ばれた音楽家の岩崎和音先生をお招きしまして、打弦楽器サントゥールの幻想的な音色と音階の不思議についてお話と実演をしていただく予定です。台形のクルミ材の本体に多くの弦を張り、メズラーブMez̤rāb مضراب と呼ばれる2本の撥で叩いて演奏する、ピアノの祖にあたるこの伝統楽器にご興味をお持ちの皆様にとって必見のウェビナーとなりましょう。

また今回のハーフェズ・ハーニーは、イラン文化センターペルシア語教室受講生の皆様を代表して浜口達男様と後藤智樹様が担当いたします。

 このウェビナーへの参加に事前登録は必要ございません。

どなたでも参加可能です。

当日、以下のリンクからご参加ください。

Join Zoom Meeting    https://us02web.zoom.us/j/8364559495

Meeting ID: 836 455 9495


03:13 - 15/12/2020    /    Number : 761595    /    Show Count : 1163


Rating
Users Comment
No Comment for this news
Your Comment
Name :
E-mail : 
*Comments :
Captcha:
 

Close