http://tokyo.icro.ir/

トップニュース
イラン・イスラム革命勝利42周年記念ウェビナー「今日のイラン」
2021年1月開講 オンライン「ペルシア語講座」 開講のお知らせ
イランの国民的英雄 故ガーセム・ソレイマーニー大将殉教一周年記念ウェビナー
「イラン伝統音楽へのいざない─打弦楽器サントゥールの幻想的な音色と音階の不思議」
「イラン書道の紹介とワークショップ」ウェビナー
「日本のイラン研究者から見たペルシア語の詩と文学」の収録動画をYoutubeでご覧ください


  Print        Send to Friend

シャベ・ヤルダー

シャベ・ヤルダー(あるいは単にヤルダー)Shab-e Yaldā شب یلدا は、イランで広く認知されている古来伝統の祭事のひとつで、一年で最も長い夜、北半球の冬至の夜に行われます。

ヤルダーは「イラン人がそれを縁起の良いと考える一年で最も長い夜」としています。イラン人はこの夜、家族や親類が集まって祝います。
彼らはテーブルを用意して、その上を水差しやサモワール、そしてパン、クッキー、プリンなどのお菓子やさまざまな食べ物、果物(特にザクロとスイカ)で飾り付けます。

イラン暦で毎年アーザル月(10月)30日(西暦の12月21日、閏年は同20日)世界中のイラン人が冬の到来、太陽の再誕、暗闇に対する光の勝利を祝います。

ヤルダーは、ペルシア語に古典シリア語から借用されたことばで「誕生」を意味ます。


21:43 - 19/12/2020    /    Number : 761919    /    Show Count : 219


Rating
Users Comment
No Comment for this news
Your Comment
Name :
E-mail : 
*Comments :
Captcha:
 

Close