http://tokyo.icro.ir/

トップニュース
「日本のイラン研究者から見たペルシア語の詩と文学」の収録動画をYoutubeでご覧ください
ハーフェズ生誕記念「日本のイラン研究者から見たペルシア語の詩と文学」ウェビナー
「サッダーム・フセインの侵略に対するイラン国民の防衛」が開催されます。
現代イランの家族について─家族保護法から
第三回東京イラン映画祭2020開催
「ホメイニー師の人物と立場」


  Print        Send to Friend

ペルシャ書道

ペルシャ書道(ペルシャ語:خوشنویسی فارسی Khoshnevīsī-ye Fārsī)またはイラン書道(ペルシャ語:خوشنویسی ایرانی Khoshnevīsī-ye Īrānī)は、葦ペンQalamを使って描くペルシャ語の書道です。イランの歴史を通じて最も尊敬される芸術の一つに数えられています。

イラン人は他のどの国よりも多くの書道を使用して、土器、金属製の容器、歴史的建造物を豊かにし、美しくしています。

ナスフ体Khatt-e Nashkhとタアリーク体 Khatt-e Ta‘līqを融合させたナスタアリーク体Khatt-e Nas‘talīqは、古典的ペルシャ書道の書体の中で最も人気のある書体です。そのためナスタアリーク体は、「書体の花嫁」として知られています。

 

 


21:10 - 12/12/2019    /    Number : 740785    /    Show Count : 293


Rating
Users Comment
No Comment for this news
Your Comment
Name :
E-mail : 
*Comments :
Captcha:
 

Close