http://tokyo.icro.ir/

トップニュース
「サッダーム・フセインの侵略に対するイラン国民の防衛」が開催されます。
現代イランの家族について─家族保護法から
第三回東京イラン映画祭2020開催
「ホメイニー師の人物と立場」
バーチャル学術会議「パレスチナと人権」
世界クドゥスの日バーチャル会議


  Print        Send to Friend

古代紀元前3200年~紀元前616年

原エラム時代紀元前3200年~紀元前2700年

シアルクの遺跡は原エラムの重要な遺跡の一つである。その遺跡で原エラム時代から残った唯一のジッグラトがまだ見られる。この時代に原エラム語で書かれたパレットも数多く出土していて,高度な文明をもっていたことをうかがわせる。原エラムの文字はまだ未解読である。原エラムの領土は現在イランの南西部と中央の一部であった。シアルクのジッグラトは、紀元前3000年頃に建造された。イラン文化遺産団体(英語版)、ルーヴル美術館、フランス・イラン研究所(英語版)の共同研究により、シアルク最古の集落は紀元前5500–6000年まで遡ることが確認されている。


23:58 - 27/12/2018    /    Number : 720739    /    Show Count : 138


Rating
Users Comment
No Comment for this news
Your Comment
Name :
E-mail : 
*Comments :
Captcha:
 

Close