http://tokyo.icro.ir/

トップニュース
「サッダーム・フセインの侵略に対するイラン国民の防衛」が開催されます。
現代イランの家族について─家族保護法から
第三回東京イラン映画祭2020開催
「ホメイニー師の人物と立場」
バーチャル学術会議「パレスチナと人権」
世界クドゥスの日バーチャル会議


  Print        Send to Friend

寒帯の果物

 

寒帯を原産地、または生育地とする果物である。イランの主な寒帯の果物はゼレシュク(イラン産バーベリー)、ソマーグ(イラン産香辛料)、ナツメ、セイヨウサンシュユ、セイヨウカリンである。南ホラーサーン州は、寒帯の果物の主な産地である。全国に対する割合でこの州の生産量は、国全体の約79%を占めている。

 

*ゼレシュク(イラン産バーベリー)

ゼレシュクはメギ属の植物の実である。メギ属の果実は、ヨーロッパ、中央アジア、南米など各地で食用にされるが、栽培されるものは少ないである。イランではゼレシュクを栽培し、赤い実を料理や菓子の材料として日常的 に食する。世界に於いて、1位は年間約14万トンのイランで全体の95%を占めている。またイランにおいて、南ホラーサーンは生産量の全体の98%を占めている。

 

*アンナーブ(ナツメ)イランにおいて1位は生産量の全体の97%を占めている南ホラーサーン州である。ソマーグ(イラン産の香辛料)ソマーグは肉料理に欠かせない香辛料である。ソマーグのイランの州別産地順位は、1-コルデスターン、2-ラザヴィー・ホラーサーン、3-東アーザルバーイジャン、4-ファールス。

 

*セイヨウサンシュユ イランのセイヨウサンシュユの州別産地ランキング:1-ガズヴィーン州(71%)2-東アーザルバーイジャーン州、3-ザンジャーン州。

 

*セイヨウカリン イランのセイヨウカリンの州別産地順位マは、1-ギーラーン(61%)2-マーザンダラーアルボン(34.2%)3-ファールス。


00:27 - 17/04/2019    /    Number : 728715    /    Show Count : 99


Rating
Users Comment
No Comment for this news
Your Comment
Name :
E-mail : 
*Comments :
Captcha:
 

Close