http://tokyo.icro.ir/

トップニュース
「サッダーム・フセインの侵略に対するイラン国民の防衛」が開催されます。
現代イランの家族について─家族保護法から
第三回東京イラン映画祭2020開催
「ホメイニー師の人物と立場」
バーチャル学術会議「パレスチナと人権」
世界クドゥスの日バーチャル会議


  Print        Send to Friend

日本とイラン呈大ぐ宗教対話会議を開催

日本とイラン呈大ぐ宗教対話会議を開催
和伊rイスマー全神道における家族観について」をモ寥チるr第1回日本とイランの宗敷対話議が二月九日、三恧伊勢市の皐館大学(清水潔学長)譬れた。この会議は、在東京イラン・イスラム共和即大使館イラン文化センター主催、旱共催、協力・神宮司庁、れたもの。昨年夏、日本宗教学会のメンバーにイラン側から対話会議の提案があったことを契機に、協議el車ねて初朔催へと螟がった。同国のイスラム文化交流庁では文化センターを通じてパチカン、ロシア正教やユダヤ教、ヒンズー教などとの対話を自囪手国と交互におこなってをり、今回の会議には「回はぜひイランでやりたい」との願ひもこめられてゐる。
会議は皇K大学院筱別教授の櫻并治男氏が進行役を務めて午後1時三+だ始まった両国の国歌斉唱に続いてイスラム文化交流庁長官のエブラーヒーミ1トルキャマーン・アブー交をらザル氏が挨拶に立ち、イランと日本は、千四百年に互る裏に関係に基づいて一九五七年(昭和三十三)に文に協定を結んでから成長を続けてきたことを碟認。今年は両国の毀奋立九+周年になる-こめかる続とるかと拡ざことにも触れ、文化のさ野における関まざまな労係拡大の重要な機会あし十ると強調し、「さらに真剣かつ実践的な歩み仝進めるために努力していくことが必要」と語った。続いて駐日大輿變化 参事官Sh "-ヴサーラールホセイン氏が拱拶し、対話に至る経緯など説明。この一年半日 展開されたさまざまな研究等では倫理や伝統古の習慣社会交流・宗軟的左習慣家娛を大切にし年長者に敬意を払ふといった両国また岡、宗教の教へにおける共通点が示されてゐるに言及し、「これらの共通性を袖に今後柔すます文化協力か1発展させていく必妥性がある」と述べた家族の捉へ方は 対話会議では、両国が交互に発表する形pr、イラン側から三氏が発表をおこなった。まづトルキャマーン氏が「イスラーと題して発表し、イスラム教では家庭の存続における最も基本的な紧とoてr愛懠」があることを挙げ、事例を交へつっ家庭がもたらす「平穏」強調。技術の進歩などにより人間同士の精神的な乖離、愛情面での乖離が起こってゐることを説明しつつ、その解決策として「宗教の純粋な教へに戻ること」や、家庭の重要性と夫との結びつきである「 "家庭の神聖性"への注目」を挙げ、道他の遵守な宗教の教へを守ることが家庭を守ることに繋がることを示した。インドネシアのイラン最高指導者代表、教授のハキム・エラヒーアプドルマジド氏はイスラム教の聖典であるコーランは「家族」について多くが語られてゐることを詳説。イスラムの視点からみた家庭の機能として。社会的・精神的なニーズの確保(精神衛生)、0子孫繁栄と世代の存続、性的なニーズの確保、O社会性を育む极姖二を挙げた上で、家庭の存続や質の向上の 重ふためにイスラムが強調してゐることとして、結婚といふ行為においては、男性のアイデディティが女性にとって、また女性のアイデンティティが男性にとって宗教的な本質を持ち、人德面において男女は平等といふ「男斊ひの存在の尊重」な ど説明した。同国に本部/アルムスタファー国際大学の在日事務所研究部長であ0澤田達一氏は、イスラムにおける見解を知るためには、まづ「コーラン」を参照し、モの次に「ハディース」と呼ばれる預言者ムハンマドの言葉を参照することが大前提として必要であり、その上で現代のイスラム法学者の見解にあたることが望ましいことを解説 コーランに示ruれたr両親への考へ方」を示し、日本人の両親への考へ方との共通点があることを述べた。日本側からは五氏が発表をおこなった。今回、伊勢での会議開催にあたり、まづ皇學館大学学長の清水潔氏が「日本の聖地・伊勢と神道の研究育拠点皇學館日本とイランの宗教対話4%に寄せて、」と題して発表。伊勢の地や皇學館大学について紹介した上で、日本古代におけるペルシャとの出会ひや伝来文化が与へた影響、日本の祖先崇拝におけるr命の連続性などについて語っ皇大教授の松本丘氏は「日本の皇室家族国家観」と題して主に皇室と覺との関係性について説明。皐大教育開発センター准教授の板井氏は「日本の地域コミュニティと家族、神社。近の神社・神道に関た社会調査を中心に、と題して伝統的なミュニテ近年のを解説した。また神社本庁総12照研究祭務課課長の仁志氏が「日本の家庭祭祀」と題しに根付いてゐる祭祀の先崇拝について説明。宮禰宜の去川竜実t「伊勢神宮神軌家2観」と塩し、神道の念、江戸期の書物神宮神職家に伝はる。・心構へなAlを語2発表後には質疑あり、、イスラム側から「近年のモダンと伝が一致しない部ガに!どのや解決策なってゐるのか」「無の影響」「ブッダが立-には、ふれ䕒-神10まと受け入れ杲。今後新しい神交ってきたらそなけ入れるのか」なざ读な質問が。参は熱心に意見を交けた。
今回の会議では、家族愛はイスラムの観点から家族を守るための重要な要素であり、家族が社会保障を生み出すことを強調しました。
イランと日本語を話すグループはどちらもコーランと神道の「両親への敬意」は非常に似ていると信じていました。


01:02 - 17/04/2019    /    Number : 728716    /    Show Count : 149


Rating
Users Comment
No Comment for this news
Your Comment
Name :
E-mail : 
*Comments :
Captcha:
 

Close